www.kalico64.com

-

-

乗用車の【全損】とは文字通り全部が故障してしまう場合、結論として走行が出来ないという状況の乗り物としての任務を果たせなくなった状況で用いられますが、保険で言う「全損」は多少なりとも違うニュアンスが含まれていたりします。自動車の保険では車が壊れた状況で〈全損と分損〉の2つの状況に分けられ《分損》は修復の費用が保険金でおさまる事を表しその場合とは逆に全損とは修復の費用が補償額を超える状況を示します。修理で全損という場面では車の最重要のエンジンに修理できないダメージを抱えていたり、車の骨格が歪んでいたりして修理が無理な場合再利用か処分となるのが常識です。だけれども、自動車事故でディーラーや自動車の保険会社がかかる修復のお金を見積もりした場面で、どんだけ表面が美しく修復が可能な場合でも修理費が保険額よりも大きかったら何を目的として乗用車の保険入っているのか分からなくなってしまうでしょう。そのようなときには、《全損》と判定して乗用車の権利を車の保険屋さんに譲り補償額を負担してもらう条件になっています。もちろんの事ですがそれなりの期間使用した自分の車で愛着があり、自分のポケットマネーで直してでも乗り続けたいと思う人間はけっこう存在するのでケースによって自動車の保険屋さんと話し合ってみるといいと思います。なお、自動車の保険にはそういう事態が想定され車両全損時諸費用補償特約等(全損)時のための特約つけているところが多く例え、自分の車が【全損】なった場合でも買い替えなど代金を一部分でももってくれる場面も存在します。更に盗まれた際の保険金の特約をつけていると盗まれた自動車が見つからない時でも全損とされ、補償される仕組みになっているようです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.kalico64.com All Rights Reserved.